MENU

ソミナー

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

ソミナーは、良好根源にドキシラミン(コハク酸塩気ドキシラミン)を配合した短期間ムーブメントシステムに分類される睡眠薬で、節減ムーブメントを併せ持つ抗ヒスタミン薬でもあります。

 

感冒や花粉症などのアレルギーの諸外観を緩和するインパクトも併せ持つ項目から、鼻詰りなどで寝つきが悪いユーザーなどにまったく効果的な睡眠薬だ。

 

ソミナーは、タイもかねてから貫く製薬店Charoen Bhaesaj Lab Co事務所から販売されている医薬品で、安心してあなたが使用できる高品質な医薬品のプロダクト売り込みにかけていらっしゃる。

 

ソミナーは、元々は抗ヒスタミン薬としてアレルギーを抑えたり感冒薬などに配合されていたのですが、副作用としての眠気に注目され安眠向上薬として処方もされるようになりました。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

ヒスタミンが受容ボディーという響く事で、脳を覚醒させて仕舞う効果がありますが、ドキシラミンがヒスタミンといった受容ボディーを結びつかないようにするムーブメントを持つ結果、脳がナチュラル状態で眠りにつけるように呼びかけます。

 

共に、花粉症などのアレルギー外観を押さえる事で、くしゃみ、鼻水、鼻詰りなどの諸外観を緩和し、人肌の痒みなども減じられます。

 

また、海外ではビタミンと合わせてつわりの吐き気ラストや、鎮痛薬と合わせて懸念システム頭痛のお薬として処方なる場合もあります。

 

催眠インパクトとして、マキシマム血中濃度(インパクトのヤマ)まで到達する時間は約2年月として、血中濃度半減期(ボディーから薬剤が幾分追い抜けるまで)は6年月~12年月と、個人差があります。

 

アメリカFDA(日本の厚生労働省にあたる)の安眠向上薬としてのお薦め使用量としては、ドキシラミン6.25mg~25mgとなっています。

 

その為、ソミナーには1錠辺り25mg結合していますので、成果が強すぎるユーザーはピルカッターなどで幾分に割って摂取頂いたり、サイズを調整してください。

 

ソミナーの副作用

・口の乾き
・動作乱調
・排尿トラブル
・眠気
・不整脈
・心悸亢進
・発作など

 

※異常な外観が現れたパターン、直ぐに先生の診察を受けましょう。

 

ソミナーのファクター

・使い方能力をとにかく守りましょう。
睡眠薬はふさわしい知識を持って、ふさわしい使い方で服用しましょう。

 

・入眠直前に服用しましょう。
ソミナーを服用する際は、しっかり布団に入る直前に服用しましょう。

 

効果が出るまでに多少の時間があるからと、寝る直前にソミナー服用しなかったパターン、体験が無いときのとおり、家族といった話しをしていたなど、中途覚醒が現れることがありますので、注意が必要です。

 

・おめでた時もしくは授乳時のユーザーの摂取タブー。
おめでた時のユーザーや授乳時のユーザーの摂取はしてはいけません。服用しないようにしましょう。

 

ソミナーの詳細はこちらから

 

睡眠薬ランキングはこちら

このページの先頭へ